MENU

薄毛対策をしていてトラブルになった際の対応で、定番とされているものについて案内しています。

 

まず、よくあるトラブルでは赤い発疹のようなものができるというのがあります。こちらについては、薄毛対策では定番中の定番ですので既に知られている人も多いかと思いますが、シャンプーの際にあまり引っかきすぎると、このような発疹ができたりするというだけの話です。

 

どうして引っかいたりするだけで、このような発疹ができてしまうのか?というと、それは髪の毛は割とタフなのですが、頭皮についてはデリケートだからです。シャンプーなどをされている場合には、頭皮についても皮脂が洗い流されているような状態ですので、場合によっては皮脂というバリアーがなくなってしまっている状態となり、引っかき傷が残るという状態になり、それを知らないで放置していると赤い発疹ができる(雑菌が入り炎症を起こす)状況になるのです。

 

ただ、早い段階で引っかくのをやめるようにしたり、もしくはシャンプーの利用を少なくするだけでも、薄毛対策にはなりますので簡単に対策できるトラブルとなります。

 

次に、髪の毛ではなく頭皮に痒みが発生するものがあるのですが、こちらについてはシャンプーが大きく関わっています。現在、利用されているシャンプーについては利用するのを控えるようにすると、それからはこのようなトラブルにならずに済むことも多いかと思います。